スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2018年08月06日

世界で2番目に大きいとされているナガスクジラの鳴き声

ナガスクジラ

世界で2番目に大きいとされているナガスクジラの鳴き声だと考えられるデータが、日本近海に設置されている海底地震計で観測されたそうです。

最近では続々と設置場所が増えている海底地震計で、冬場になると低周波のノイズが記録されており、解析してみるとナガスクジラの鳴き声だと考えられるそうです。

北海道沖や三陸沖、房総半島沖に加えて相模湾でも泣き声が観測されており、同じナガスクジラが北から南に移動している様子も確認できるそうです。

今後はより多くの海底地震計が設置されることが計画されており、地震についての観測だけでなくてナガスクジラについても期待されているようです。

より多くの場所で観測データが取得できるようになれば、他にもいろいろな違う発見もありそうで、今後に期待がかなりありそうです。  


Posted by auto7x9 at 13:14

2015年03月25日

iPS細胞を使っての他家移植が研究が成功した

他家移植

患者さんのiPS細胞を使って目の網膜の組織を移植する手術が成功したことから、その次のステップとして他家移植が研究されているそうです。

その患者さんの細胞を使わずに他人に移植しても拒絶反応が起きにくい特殊なタイプの人の細胞を使ってiPS細胞を作り出し、移植するのが他家移植なのだそうです。

実際に治療に実用化できるようになれば、費用を大幅に削減することが期待されており、できるだけ早く研究を開始したいのだそうです。

できるだけ費用のかからない治療法が確立されれば、多くの患者さんが経済的な負担が少なく手術を受け入れるようになることでしょう。

この他家移植の対象は目の網膜のiPS細胞のようですが、これが成功すれば他の部分にも応用できると考えられますので、将来的にかなり期待される治療法になることでしょう。
  


Posted by auto7x9 at 13:15

2015年02月18日

火星の上空に奇妙な雲状のプルームの雲が出現している

火星の雲

イギリスの科学雑誌に発表されたことによりますと、火星の上空に奇妙な雲状のプルームの雲が出現していることが、発見されたのだそうです。

それもこれまで知られているよりも高高度の火星の上空で、非常に広い範囲に雲状のプルームの雲が発生していたということです。

これによって火星の表面に光の当たっている部分と、当たっていない部分の明暗境界線がはっきりと確認できる状態だったそうです。

現在は火星を調査しているところで、生命の誕生についての謎等党関係があるとされる水と火山活動の痕跡について調べているようですが、もしかしたら何か関係があるかもしれません。

この雲状のプルームに水や二酸化炭素が含まれている可能性もあるそうで、より詳しく調べてゆけば生命の誕生に繋がる何らかの謎が解明できるかもしれません。  


Posted by auto7x9 at 14:03

2015年01月22日

日本の重粒子線を利用したがん治療の研究が進んでいる

重粒子線

世界的に見て日本の重粒子線を利用したがん治療の研究が進んでいるのだそうですが、アメリカやドイツの施設と共同研究することが決まったのだそうです。

重粒子線は放射線の一種で、がん細胞を破壊する力が強いとされており、がん治療を進めることによって、これまで治療法がなかった骨肉腫等に一定の効果は出てきたそうです。

そこで治療法が難しいとされているすい臓がんについても、アメリカやドイツとの国際協力のもとに、研究推し進めるのだそうです

重粒子線によるがん治療は、日本での研究がこれまでかなり進んでいることで国際的な協力体制となったわけですが、難しい治療への可能性が広まると期待されています。

この先、重粒子線の研究が進むことにより、がん治療の難しかった場所で種類の中でより効果的な治療法が確立してくるかもしれません。
  


Posted by auto7x9 at 13:24

2014年12月16日

がん細胞を破壊する力が強い重粒子線ご利用した治療

重粒子線

これまでにない新しいがん治療の臨床試験が行われるのだそうで、がん細胞を破壊する力が強い重粒子線ご利用した方法で、かなりの期待を集めています。

この重粒子線はがん細胞を破壊する力が強い炭素イオンを高速に加速してできる放射線の一種なのだそうで、これをがん細胞の幹部に放射することで治療するということです。

今後も一定の条件で臨床試験を進めて行き、効果や副作用等を検証することにしているのだそうですが、これまで提出が必要だった治療でも重粒子線のを利用で必要なくなる可能性もあるようです。

例えばそれ程重症ではない乳癌の患者に重粒子線の治療を進めることで、わずか4日間の治療で行えることは、いろいろな意味で制約が少なく済むということの価値は大きいのだそうです。

またこの先工夫することで、コストが低くなるという経済的な利点も期待できるようで、この先にもまで以上に低コストで時間的にも少なくて済む方法が確立される可能性がありそうですね。  


Posted by auto7x9 at 13:12